ヘルペス薬バルトレックス

ヘルペスに効くバルトレックスやゾビラックスの賢い使用方法

ヘルペス薬バルトレックス

 

バルトレックスは、ヘルペスウイルスが増えるのを防いで、単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水痘(水ぼうそう)の治療に使用します。

 

ヘルペスウイルスは、細菌よりも小さな生物で、他の生き物の細胞内に入り込んで、そこで増殖して、水膨れや赤い発疹を作ってしまいます。

 

バルトレックス

バルトレックスはそのヘルペスウイルスが増殖するためのDNAの複製を阻害して、増殖を防ぎます。

 

バルトレックはヘルペスなどの「抗ウイルス薬」になります。

 

この薬は、ヘルペスウイルスがまだ少ないうちに使用しますと、効果が高く、治癒も簡単です。症状が出てきたら、なるべく早く服用するようにしましょう。

 

どんな薬もそうですが、早期治療、が一番です。

 

また、繰り返しヘルペスがある時期になると出る方などは、事前に服用しておきますと、防止効果もあります。

 

特に「単純ヘルペスウイルス」に対し強力な抗ウイルス作用があるだけではなく、「性器ヘルペス」などの再発抑制にもなります。

 

服用方法

通常は、症状により一日1回500mgを1錠〜3錠服用します。
早期に服用した場合には、クスリの吸収も早く、効果も高いので、少ない量で短時間で治すことができます。
性器ヘルペスなどの再発防止として、服用する場合は、一日1回500mgを1錠飲みます。
水痘(水ぼうそう)の場合には、成人、体重40kg以上の子供には1回1000mgを一日3回服用します。

 

バルトレックスに関する詳細を更に知りたい方は下記を参考にしてください。
お薬110番

 

バルトレックスの個人輸入

 

バルトレックスは、早期に服用することにより、症状が軽く済みます。

 

ですが、症状が出ていない状態では、医者ではバルトレックスを処方してくれません。どうしても欲しければ、自由診療になり1錠1600円以上の支払いをしなければなりません。

 

症状が出るのを待って医者に行ったのでは、その分症状も進んでしまい、仕事や、学校の関係ですぐに医者に行けるとも言えません。

 

症状が進んでから薬を飲んでもバルトレックスの服用でかさぶたになり治って行きますが、早い時期でしたら、かさぶたもできないまま治る可能性が大いにあります。

 

ですので、ヘルペスの症状が進まないうちに早めにバルトレックスを服用したいのなら、やはり事前にバルトレックスを用意しておく事が重要です。

 

そこで便利なのが、薬の個人輸入です。

 

クスリは一定量まででしたら、個人で輸入していいことが法律で決められています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

個人輸入ですと、面倒な医者に行く必要もありませんし、何よりも、安い値段でこの薬を買うことができます。

 

バルトレックスには、ジェネリック医薬品も発売されていて更に安く買うことも可能です。

 

ジェネリックは、ゾビラックスジェネリックと言います。

 

面倒な医者にも行かずに済みますし、支払も薬の値段だけで、いつでも自分が必要な時にバルトレックスが購入できますので、とても便利です。

 

ただ薬の個人輸入を代行してくれる会社には、いい加減な偽の薬を平気で販売しているところが多数ありますので、業者をよく選定してから必ずご購入下さい。

ヘルペスの薬バルトレックスの個人輸入に関しての細かな事はこちらで確認してください。

 

バルトレックス

 

ヘルペスは、水疱瘡の原因になるウイルスです。

 

ウイルスとは、最近と違いかなり小さな生物で細胞の中に入って繁殖します。

 

このウイルスの特徴は、水泡を作る事で、神経に沿って暴れ始めますと、帯状疱疹などになってしまいます。

 

ですが、近年いい薬が発売されました。それがバルトレックスになります。

 

このお薬は、ヘルペスウイルスが増殖するのを防いでくれます。

 

特に、炎症を起こし始めた初期に使用しますと効果的で、それ以上の炎症を防いで簡単に治す事ができます。

 

ちなみにヘルペスウイルスは誰でも持っているもので、体から完全になくす事は今の医学ではできません。

 

子供の頃に水疱瘡をしてからは、再発することは滅多にないのですが、体の免疫機能が低下した時などに再発することがあります。

 

実際に大人になってからヘルペスに悩まされる方は、症状を繰り返す事が多く完治は難しいと言われています。

 

ヘルペス薬バルトレックス

 

そこで重要な事が、早期治療になります。

 

ですが実際に早期治療をしたくても、クスリを事前に持っていない事にはできません。

 

ヘルぺスの症状が出てこない内にお医者さんに行っても病気として扱ってもらえませんので、保険が効きません。

 

ヘルペスが暴れ出してからお医者さんに行ったのでは、時間も掛かりますしどんどん悪化してしまいます。

 

ヘルペスの経験のある方はだいたいヘルペスが暴れ始めると症状で分かるようになりすぐにバルトレックスを服用します。

 

その時点でバルトレックスを服用することで、ほとんど症状がでないまま治癒してしまうことが多いので、事前にバルトレックスを用意しておくことが重要です。

 

そこで今回おすすめは、お医者さんに行かなくてもバルトレックスをネットで購入できると言う話です。

 

それもネットショッピング感覚で購入でき、更に値段をかなり安く購入できます。

 

ヘルペスで悩んでいる方、ネットから事前にバルトレックスを購入しておきましょう。

 

バルトレックスの効果・副作用

 

バルトレックスは水疱瘡・帯状疱疹などの病気に効く抗ウイルス剤でそれまでは治療の困難だった病気の特効薬として開発されました。

 

ヘルペス菌は体の中に住み着いて、体から完全になくす事はできません。

 

ですが、免疫機能などが低下してくると暴れ出すウイルスになります。

 

人とヘルペス菌は共存関係にあると言っても過言ではありません。

 

そんなお役に立つバルトレックスですが、どうしても薬が合わない人が必ず出てきます。

 

主な症状として、吐き気、頭痛、腹痛、ふらつき、悪寒、腎臓機能の低下、肝臓機能の低下など様々な症状が出てきます。

 

少しぐらいの副作用でしたら、効果の方が大きいので少し我慢して服用する事をお勧めしますが、極度に酷い場合には、服用を中止するしかありません。

 

バルトレックスに副作用があって、ヘルペスで困っている人は飲み薬から塗り薬に変更することもいいかもしれません。

 

それでもダメな場合には、普段から体調を崩さないように注意して生活していく事が重要になります。

 

バルトレックスの効果はかなり高く、通常ですと発症してすぐに服用する事で次の日にはかなり症状が改善されています。

 

また、バルトレックスは事前の予防として服用する事もできます。

 

ですが、病気でないと医者に行っても保険の適用ができませんので、事前に病院で多めに薬を貰っておくなどの準備が必要です。

 

ですがこの方法は2回までしか使えません。一度に大量の薬を処方する事は最近の薬剤を極力最小限の数で出していこうと言う厚生省の未来像がありますので、なかなか厳しい状態です。

 

実際皆さんも経験があると思いますが、どの家にも医者からもらった薬が余ってゴミになっている事がありますよね!やはりこれは無駄なものになりますので、削減していくのは当然な事です。

 

このような中でバルトレックスを事前に用意する場合には、やはり個人輸入などを上手に利用して購入する事が、コスト的にもお安くなる方法です。

 

バルトレックスの個人輸入

 

ホーム RSS購読 サイトマップ